2023年9月27日水曜日

小野伸二 引退表明

 元日本代表MFの小野伸二選手(現・コンサドーレ札幌)が今シーズン限りでの引退を発表しました。思い起こせば、彼を知ったのは1998年フランスW杯の直前で、「静岡の高校に凄い奴がいる」というニュースを何度か耳にしていて、映像でも何度かそのプレーを見ていた、そんな頃でした。そして、ほどなくしてフランスW杯が始まる頃になり、発表された日本代表メンバーに「小野伸二」の名前があったのです。フランスW杯では途中出場だけでしたが、そのわずかな時間の中で才能が確認できるプレーがありました。その後のW杯にも当然のようにメンバーに選ばれるわけですが、残念なことにある日の試合でフィリピン代表選手のラフプレーで大怪我を負いました。この怪我さえなかったら、きっと今よりもっと物凄い選手になっていただろうと思います。オランダに渡ってヨーロッパで大活躍する前、浦和レッズにいた頃、横浜でのJリーグの試合で一度だけ小野選手のプレーを生で見ましたが、やはりプレーの質が段違いで、ひとつひとつのプレーにワクワク感がありました。今でこそ日本代表も世界で認知されるようになり、中村俊輔や香川真司、本田圭佑、今では三笘薫、久保建英といったスター選手が出てきていますが、その中でも小野伸二は別格で凄い才能を持っていたように今でも思います。これから指導者として活動するのかどうかわかりませんが、是非とも「小野伸二を超える選手」を発掘&育成してほしいと思います。今後の「小野伸二さん」に大いに期待しています。



2023年9月13日水曜日

日本代表 4−2 トルコ代表

 ドイツを4−1で倒したのに続いて、トルコも4−2で倒しました。これで9月のヨーロッパ遠征は2連勝という考えられる最良の結果となりました。この2戦目の勝利については、2つの大きな意味があったように思います。一つはドイツ戦から先発10人を入れ替えた中で前半に予想以上にいい内容と結果が得られたこと、そしてもう一つは初の代表キャップや代表歴のまだ浅い選手が結果を残したことです。見事な先制ゴールを決めた伊藤(浦和レッズ)、2ゴールを決めた中村敬(仏・スタッドランス)、3点目をアシストした毎熊(セレッソ大阪)など、フレッシュな選手が躍動しました。後半に1点差まで詰め寄られて少し悪い流れになってしまったのは反省材料かもしれませんが、それでも伊藤(仏・スタッドランス)のPKで突き放して勝ち切ったのは良かったと思います。終盤に遠藤(英・リバプール)、富安(英・アーセナル)が投入されましたが、この二人が入るだけで守備が引き締まる感じがするのは流石です。10月にはホームでカナダ代表、チュニジア代表と強化試合が予定されていますが、メンバーの入れ替えはあるんでしょうか?とにかく、10月も今のいい流れを継続して、その後のW杯予選、アジアカップに挑んでほしいものです。

2023年9月10日日曜日

ドイツ代表 1−4 日本代表

 今朝4時、寝ぼけながらTVでサッカー観戦。昨年のW杯のリベンジに燃えるドイツ代表とのアウェイマッチということで、親善試合とはいえ本気のドイツと対戦できる絶好の機会。下手するとボコボコにやられはしないか?...多少の不安も抱えながら見ていましたが、何と結構いい試合をしてるやん...と思っていたら、伊藤が先制ゴール!この興奮も束の間、サネに同点ゴールを許し、ああやっぱり簡単には勝てないなあ、と平静に戻りつつあったその時、上田がゴールを決め2−1に。前半はこのまま終わり、会場の雰囲気も少し変な感じになってる気がしました。後半、3バックにシステム変更。これはテストだと思いますが、前半の4バックでのガチンコ勝負をもっと見たかった気もします。勝ちにこだわったのでしょうか?それでも終盤になって堂安、久保が投入され、その久保が短時間で2アシストの活躍で、スコアは何と4−1になりました。これはこれで嬉しいのですが、こういう負け方をしたドイツがちょっと心配です。この次に行われるフランス戦で再起を図ってほしいものです。日本代表の方は12日にトルコ代表との試合ですが、今度は古橋や中村なども見てみたいですね。久保も先発でいったらどうなんでしょう?伊藤が絶好調なので、監督がどう考えるか?ですが...12日は(日本時間で)夜の9時過ぎからの試合、いい時間帯ですね。次も期待しましょう!

2023年9月9日土曜日

ドイツ代表 VS 日本代表

日本時間の明日の明け方、現在ヨーロッパ遠征中のサッカー日本代表の強化試合が行われます。相手はドイツ代表です。昨年のW杯で日本代表が奇跡的?な逆転勝ちでしたが、ドイツは今回そのリベンジを当然狙っているでしょうし、しかも会場がドイツのホームなので圧倒的な声援を受けて最初からフルパワーで挑んでくるでしょう。日本代表としては早い時間帯に失点しないように慎重にゲームに入っていく必要があると思います。早い時間帯に失点すると下手すると一方的な展開になる恐れもあります。何とか緊迫した展開のまま終盤を迎えてほしいものです。日本代表は(ドイツも同じかもしれませんが)昨年のW杯からメンバーが少し入れ替わっているので、どういう展開になるか非常に楽しみでもあります。三笘のドリブルはドイツ相手でも威力を発揮できるか?怪我の噂が出ている久保は出場するのか?センターバックは富安+板倉のコンビなのか?トップは上田?古橋?...いろいろ気になります。明日の早朝、眠い目をこすりながらのTV観戦(NHK)になりますが、日本代表には眠気が吹っ飛ぶような試合をしてほしいものです。

2023年9月2日土曜日

河川愛護活動2023

 今日は早朝から毎年恒例の岸辺の草刈り、日野町の河川愛護活動として毎年実施しています。今年の夏は異様に暑かったからか雑草の量が半端なく、草刈機が使えない斜面が刈り終わる頃には皆んなグロッキー状態でした。町内の各戸から1~2名が出て作業にあたっていますが、町内も高齢化が進み、この作業も年々しんどくなってきています。いつまで町内のメンバーで続けることが出来るのか、これが最大の懸念事項です。








全勝で最終予選へ

 W杯アジア2次予選 日本代表5-0(3-0)シリア代表 先週のミャンマー戦に続いて3バックでスタートした日本は中村→上田で早々に先制、その後も堂安のミドルで2点目、久保のパスが相手のオウンゴールを誘発し、前半でほぼ勝負を決めました。ひとつの課題だった3バックはある程度の手ごたえ...